Archive for 5月 2016

2016.5.21~22 埼玉県日高市で高麗郡建郡1300年記念式典

中央本部・第3連合会
日高市で高麗郡建郡1300年記念式典、パレードなど開催

高麗郡建郡1300年記念式典

高麗王若光のフロンティア精神を引き継ぎ、未来へ

 「続日本紀」に記載されている高句麗の人々1799人が
武蔵国の高麗郡に置かれてから1300年を記念する様々な行事が5月21日、22日の両日、
日高市内の文化体育館ひだかアリーナ、高麗神社などで開催されました。
 22日の式典及びパレードには金榮翯会長ご夫妻と共に西埼玉支部の会員らが高麗衣装をまとい、
平和統一聯合の旗を掲げながら、ひだかアリーナから高麗川中学への往復路を歩きました。

パレード

パレードの開会宣言をする日高市長

パレード

 同日午後には、一般社団法人コリアンワールドが主催する「高麗日韓友好祭」が高麗神社で行われ、
神楽殿をメイン会場に両国の文化
(高麗茶道、パンソリ、醴泉通明農謡、琵琶演奏、歌や太鼓)
のステージが持たれました。
このイベントでは
平和統一聯合中央本部が広告賛助、
第3連合会が運営スタッフ、
首都圏連合会が観客動員協力を行いました。
 高麗郡建郡1300年記念式典には、
萩生田光一内閣官房副長官、上田清司埼玉県知事、大塚拓議員をはじめとして
衆参両院の地元出身の国会議員、大久保勝飯能市長、小谷野五雄埼玉県議会議員、
南景弼大韓民国京畿道知事、郭相旭大韓民国烏山市長、烏山市議会議員、九里市議会議員などが出席し、
2000人を超える観客が参加しました。
矢ヶ崎照雄日高市長
 第1部の式典では主催者を代表して、
矢ヶ崎照雄日高市長が
「高句麗からの渡来人によって開拓された高麗郡の歴史は、地域住民に技術を伝え、共に地域を開拓し、善隣友好を実施した歴史の証」とし、
「この地を未来永劫誇れるよう、高麗王若光のフロンティア精神を引継ぎ、未来を担う子供たちに伝えて参ります」と決意を述べ、
「日高市から発信する高麗郡建郡1300年のメッセージが、
海を越えてかかる七色の虹の如く、東アジアの更なる友好と平和のメッセージとなることを願ってやみません」
と挨拶しました。
萩生田光一内閣官房副長官
 萩生田内閣官房副長官は政府の立場を代表し、
昨年11月の日韓首脳会談を踏まえ、両国の相互理解促進と安全保障、人的交流、経済を初めとした
自立的で持続的な観光開発の観点から、
日本と朝鮮半島の歴史に着目した自治体レベルの文化交流である今回の取り組みについて高く評価しました。
上田清司埼玉県知事
 上田埼玉県知事は、
県内に新座郡という形で新羅人の地域もあったことも紹介し、
高麗郡については若光王を中心とした高麗神社による1つの精神的秩序と伝統、文化、歴史が形成され、
地域の尊敬を集めていることを紹介しました。
そして渡来人の歴史と文化が日本のなかで混じり合い、
新しい文化、技術として日本のものとなってきた経緯を説明し、
近隣諸国との交流を通じて平和共存できる文化交流の証を
日高市から発信できることに感謝の意を示しました。
 大塚拓衆議院議員
 大塚衆議院議員は、
近年の日本の朝鮮半島の間には乗り越えることが難しいと思われる歴史があったが、
1300年という悠久な歴史と対比し、様々な困難があっても1300年心を1つにし、
溶け合いながら文化形成してきた人と人とのつながりの土台の上に立っていけば、
いかなる困難も乗り越え、新しい歴史を作っていくことができるという確信を述べました。
大久保勝飯能市長小谷野五雄埼玉県議会議員
 大久保市長は
「この地域が同じ地域だという想い。先人の方々の想いを我々がしっかりとつないで後世に残す義務がある」
と述べ、
小谷野県議は
2002年の日韓ワールドカップの時に30名の議員と韓国訪問したエピソードを紹介し、
当時の韓国組織委員長である朴世直氏から
「日本と大韓民国との友好の絆、架け橋は埼玉県日高市ですよ」と言われ感動を覚えた旨を述べました。
南景弼大韓民国京畿道知事
 南京畿道知事は
「アメリカ、韓国、日本が協力しなければいけない関係である」とし、
「その協力のスタートが日高市であると信じてやまない」と述べ、
「来年、朴槿恵大統領と安倍晋三総理が高麗神社で首脳会談を行わなければいけない」と提案し、
会場から共感の声が上がりました。
 郭相旭大韓民国烏山市長
 郭烏山市長は、
自国で遺跡墓地で毎年文化祭を行っていることを紹介し、
先祖を称え、文化的伝統を受け継ぐことは人として大切な情緒であると述べました。
そして烏山市と日高市が姉妹血縁を結んで20周年を迎えたことを述べ、
スポーツ、教育、文化などの面で学生交流を活性化し、青少年を共に育てていきたいと述べました。
 日高高校パレード
 第2部では、
日高高校の生徒が高麗衣装をまといミニパレードが行われ、
続いて雅楽の舞楽「納曽利」、管弦「平調音取」・「越天楽」が演奏されました。
舞楽「納曽利」
雅楽
雅楽も約1300年の歴史があり、
この「納曽利」とは7世紀以前に日本に伝来した高句麗の舞で、雌雄の龍が舞い遊ぶ姿を表し、
2人で舞うのが形式となっています。また雅楽で龍の役割をする高麗笛が使われているのが特徴。
 吉原敦子高麗川小学校教頭による指揮
越天楽今様
越天楽の後には、
その曲に今回特別に歌詞をつけた「越天楽今様」が吉原敦子高麗川小学校教頭による指揮のもと、
市内の小中学生約700名によって歌われました。
今回の記念式典のテーマである「渡来から未来へ」と
マッチした歌詞で伝統的な音楽と純粋な子供たちの歌声が聞く者たちの胸を打ちました。
ふるさと
続いて、市内中学校吹奏楽部も加わり、
全体で4部合唱の「ふるさと」を歌い、
3番の歌詞から参加者も共に歌いあげ、会場が感動の波に包まれました。
この式典に参加した子供たちは、
自らの郷土に誇りと愛を持ち、今後グローバル社会で活躍できる人材となることでしょう。

ゆるキャラたちも応援

野外ステージの様子

 

高麗神社で行われた「高麗日韓友好祭」

高麗茶道

高麗茶道の様子

 

パンソリ

琵琶演奏

醴泉通明農謡

朝鮮通信使を模したパレード

けやき学園による太鼓演奏

李政美さんと子供たちによる歌

嶋三喜夫さんによる歌