日韓友好行事を推進しよう!

日韓友情ウォーク ソウルから東京まで歩いて制覇

日韓友情ウォーク

 

日韓友情 ウォーク

日韓国交正常化50 周年を記念して、江戸時代に朝鮮王朝が日本に派遣した朝鮮通信使の足跡をたどり、ソウルから釜山、そして東京までを52 日間をかけて歩いた「日韓友情ウォーク」の韓国と日本の参加者約150 人が最終地点である東京・日比谷公園に5 月22 日到着しました。途中の藤沢では第6連合のスタッフが、終点日比谷では中央本部のメンバーも参加者の成功を讃え、歓迎しました。

歓迎する女性たち

このイベントは、2007 年から隔都市で開催され、特に今年は一部を歩いた参加を計算すると約2600 人が参加したといいます。
閉幕式では、朝鮮通信使のユネスコ記憶遺産に共同申請することがアピールされ、歓迎した国会議員や区議会議員らのメッセージを受け、その後、韓国の参加者、日本の参加者らの紹介が行われました。

通信使の11代目の子孫にあたる呂運俊氏

特に、通信使の11代目の子孫にあたる呂運俊氏も今回52 日間で約1160 キロを歩かれました。
韓国の参加者も日本の参加者も、1つの目的と共に衣食住を過して仲良くなっており、大きなイベントを成功させた結果に体は疲れていながらも、その顔は喜びに輝いていました。

Comments are closed.